知っておくべき!運転免許の種類と取り方

運転免許にはどんな種類があるの?

運転免許が欲しい!と思ったとき、その種類の多さにビックリした人も多いのではないでしょうか。どんな車に乗りたいかによって必要となる運転免許の種類は異なるため、あらかじめ調べておくことが大切になります。
運転免許を取得するにあたって、まず知っておくべきなのが、第一種免許と第二種免許の違い。第一種と第二種の違いは、「日常的に使うのが第一種免許」「仕事で使うのが第二種免許」です。

一般的に取得する人が多いのは、日常的に使う第一種免許でしょう。中でも普通免許は普通自動車に乗るために必要となるため、車に乗る人であれば必ず持っていると言っていいほど取得率が高いです。
しかしトラックやバスといった大型自動車、オートバイなどの普通自動二輪・大型自動二輪、その他の特殊車両は普通免許だけでは運転出来ません。自分の乗りたい車に必要な免許が何か、教習所に行く前にチェックしておくと安心ですね。

どの免許でどんな車両に乗れるようになるの?

先ほども触れた通り、普通免許を取得することで日常的に必要となるほとんどの車を運転出来ます。自動車ディーラーの店頭に並んでいる軽自動車・普通自動車ならば、購入後に即運転しても構いません。
普通免許で運転してはいけないのが、車両重量が5トンを超える中型自動車と、11トンを超える大型自動車です。乗りたい車の車両重量や積載量、乗車定員によっては中型免許や大型免許を追加で取得する必要が出てきます。

またオートバイに乗りたい人は、排気量によっては中型(普通自動二輪)免許を取るか、大型二輪免許を取るか悩むことでしょう。中型免許だと排気量が400cc未満のオートバイしか乗ることが出来ないため、「大は小を兼ねる」と大型免許を取ろうと考える人は多いと思います。
免許取得までにかかる時間・費用も変わるため、どちらが良いとは一概に言えません。しかし、自分がどんなオートバイに乗りたいかを最初に決めておくと、どの免許を取るか、どんな手順で取るかといった道筋が見えやすくなるかもしれません。

最後に、これはすべての免許に共通して言えることですが、免許の区分についても確認しておきましょう。
運転免許の種類が同じでも、マニュアル車免許と、オートマチック(AT)車限定免許のどちらを取るかによって、乗ることができる車は違います。その名の通り、AT車限定免許の場合は、マニュアル車に乗ることは出来ません。
ほとんどの場合、AT車限定免許で問題ありません。マニュアル車免許が必須と言われていた昔とは違い、今や日本国民の98%がAT車限定免許を選んでいます。乗りたい車に応じて運転免許の種類を選ぶのが良いですね。

自分に必要な運転免許を選ぼう

この記事では一般的な運転免許の種類と、免許取得によって乗ることが出来る車両の種類についてお伝えしてきました。
初めての運転や免許取得には不安がつきものですが、自分がどんな車両に乗りたいかのイメージを明確にすることで、「どの免許を取れば良いのか」という不安はなくなることと思います。自分の乗りたい車両のイメージと必要な免許について明確にして、スムーズに免許が取得出来ると良いですね。